文字を書く

子供の文字が好きだ。

未熟だが生き生きとしたエネルギーを感じさせる文字。

そんな気分を忘れたくない。

下の絵は上野動物園の壁をスケッチしたもの。

海驢 アシカという文字は初めて見た。

 

f:id:tabitami:20170907210408j:plain

表参道の裏通り

毎日暑いですね。

にぎやかな通りを抜けて

奥へ入ると意外にのどかです。

俺は一台の静かな車に出会いました。

うしろへまわって見てオート三輪だと

気がつきました。

タイヤはぺしゃんこでしたが、

存在感がいいんです。

ちょっと描かせていただきました。

なかなか思うように描けませんが、

オート三輪さんと対話した時間でした。

 

f:id:tabitami:20170718111559j:plain

あなたの姿

京橋の明治屋本店まえの広場。

暑い日でした。

あなたの姿を描きました。

外国のかたかな?と思ったら

日本のかたでした。

描かせていただきありがとう。

無断ですみません。

絵がへたピーだから個人情報はあいまいです。

明治屋の珈琲は100円でおいしい。

f:id:tabitami:20170715191548j:plain

こどもだった時

今、こどもが少ないという。

俺の小学生時代はこどもがあふれていた。

そしてバブル前の親たちは忙しかった。

こどもだった俺はマンガを描いていた。

ヘタクソで中途半端なマンガだ。

それでもせっせと描いた。

うちの家事を手伝っていた叔母が

バラバラのマンガを製本してくれた。

だから今でもここにある。

忙しい時間の中で一枚一枚マンガを

とじてまとめ、背表紙にタイトル文字まで

切り貼りしてある。

言葉では伝わらない何かを受けとめた。

それは大きな肯定感ともいえるものだ。

 

f:id:tabitami:20170715155635j:plain

新しいということ

いつの頃からか、町から本屋がなくなった。

小学生の頃に立ち読みした本屋は消えた。

時代が変わったのだという。

おれは時代とは関係ないと思っていた。

しかし、今ブログを書いている。

絵もフォトショップで色をつける。

誰もがやっていることだ。

時代にどっぷり流されている。

そんな現代、たった今、新しい発明が

開発されているのだ。

例えば、棒のようなスマフォが発明される。

重さは10g。

普及してしまえば常識だ。

f:id:tabitami:20170714210434j:plain

 

カフカ 変身 3

絵を描いていると頭が熱くなるというか、

なかなか冷静な判断がつかない。

パートナーに見せて感想をきくと、

「これはこれでいいんだけど・・・・・・」

しかたなく少し休む。

カフカについての本をパラパラと眺める。カフカは「変身」の虫の絵を本の表紙にすることを強く反対したという記述を見つける。

 

そうか、どうやら俺はカフカの変身の「変身」にこだわってしまったな〜と気がつく。

再び描く。今度は歌うひとの発表会というイメージの%を80%くらいにして・・・。

で、これに決めた。

f:id:tabitami:20170701125937j:plain

 

カフカ 変身 2

でも、何かちがうな。と感じる。

うたの発表会、カフカ、変身。

というキーワードを説明しすぎというかね。

次に何かわけのわからない変身した物体の絵も

描いてみた。

f:id:tabitami:20170701131620j:plain

変身大会のようになってしまった。

描いている俺はたのしいが・・・・。