「ゆびぬき小路の秘密」を読んで

時間旅行の物語が好きです。

で、小風さちさんの「ゆびぬき小路の秘密」です。

舞台はイギリスのサウスウッドという町。

仕立て屋のおばあさんが作るコートが、着心地が良いのです。

袖を通すと腕を吸い込むようにするりと着れてしまう。

着た時に何かやわらかいものに、ふわりと包まれたような感じに

なるというのです。

ほかにも、石畳を歩くときの足の裏の感じが描写されているのですが、

体の感触が読んでいて伝わってくるのが良いなと思いました。

そして、仕立て屋のおばあさんが、

「大切なものほど、手放さなければならないんだよ、バートラム」

と、着心地の良い服を仕立てる秘密を教えてくれます。

そこに時代を超える真実が書かれているように感じました。

絵は小野かおるさん。

白黒の線画ですが、状況の説明だけではなく、読者の参加を求める

絵です。人物たちの目がボタンのようで、瞳が描かれていません。

表情を細かく描かないことで、物語の挿し絵としてのバランスが良い

のだと思います。この絵を助けとして読者は自由に想像することができます。

 

下の私の絵は、靴が面白くて描きました。どこのメーカーか知りませんが、

編み込んであるヒモが黄色だった。

 

f:id:tabitami:20180426130005j:plain

 

 

 

 

 

ひとり暮らし ひとり踊り

4月から新生活でひとり暮らし。

というのに憧れましたが、私は経験していないです。

どんなもんですかね?

やはり心細いものでしょうか?

10代の頃、バレエを習っていて、とても孤独でした。

たくさんの女の子の中で、たったひとり男なんです。

わからないことがあっても気軽に話しかけられない。

踊る時は、女の子たちは4、5人でいくつかの

グループになって踊りますが、私は一人です。

誰も頼れません。振り付けを覚えてなければそこで終わり。

かなり厳しい状況ですが、教師の目は

私ひとりに注がれるので上達は早かったかもしれません。

そこで音楽の波に乗るコツを身につけたと思います。

 

ひとり暮らしも、何かを身につけるチャンスかもしれませんね。

 

f:id:tabitami:20180318114351j:plain

 

 

 

 

 

何を見つめているのか?

身近なものをスケッチすることが

多いです。この猫は近所で保護したときは

手のひらに収まる大きさでした。

茶トラは大きくなるといいますが、いつの間にか

成長して、けたたましい声で起こしてくれます。

窓の外にカラスがいて、じっと見つめている姿です。

 

f:id:tabitami:20180316210106j:plain

春が来てますか

実は、俺、いや私は、パートナーと、

タミ ヒロコという名前で絵を描く仕事を

しています。

最近は東京大空襲の絵を描きました。

なかなか責任の重い仕事でした。

そこで、近くの神社で樹木を描いて深呼吸。

自然は気持ちを柔らかくしてくれます。

 

 

f:id:tabitami:20180315215401j:plain

 

 

 

年賀状

2018年の年賀状を年が明けてから書いています。手書きでの年賀状は、かなり少数でしょうが、俺は手描きで文字と絵を描く。

ほかの方法が面倒くさく感じてしまうというだけの話なんです。

f:id:tabitami:20180102143300j:plain

絵の描き方

ある人が質問しました。

「絵が描けるようになるにはどうしたらいいですか?」

その人の「絵」がどんなものだかわからないと

答えようがないです。写真のような絵ですか?

それともアニメのような絵ですか?

俺のやり方でいいなら丸と三角と四角でできますよ。

f:id:tabitami:20171222102620j:plain

まあ、こういう絵でいいならってことですが・・・・。

トレースしたり、コピーしたりという技術も大切ですが、

白い紙に思い浮かんだイメージを描くということは、

挑戦しがいのある冒険です。何度もやって経験値を上げていくこと。

きっと、何か身につくと思います。

 

 

文字を書く

子供の文字が好きだ。

未熟だが生き生きとしたエネルギーを感じさせる文字。

そんな気分を忘れたくない。

下の絵は上野動物園の壁をスケッチしたもの。

海驢 アシカという文字は初めて見た。

 

f:id:tabitami:20170907210408j:plain