雨の日のバス

俺は車の免許は持っているが、

しばらく運転はしていない。

しばらくってのは20年ぐらいのことだ。

しかし、車の運転を見るのは好きで、

特にバスですね。

あんなに巨大な物体の先に座って

器用に運転を進めていくなんて、

感心して見とれてしまう。職人の技ですね。

道路に現れるさまざまな障害物を

スルスルと通り抜けて、

スピードをゆるめたり、加速したり・・・

面白いな〜。

 

f:id:tabitami:20170621080907j:plain

看板完成!

看板って何でできてますかね?

なんかベコベコしたトタンっていうのかな?

そういうのとか、あとはプラスチック製かな?

わからないけど、結局、木製パネルを買ってきて

アクリル絵の具で描いた。

ジェッソという白い絵の具を下塗りするだけで

でかいな〜とため息。

簡単にあたりをとるのも苦労する。

鉛筆だと画面が汚れるし、消すのも大変。

仕方なく看板と同じ大きさの模造紙に文字の部分だけ穴をあけて

文字の位置を確認しつつ、直接アクリル絵の具で描いていった。

何度もやり直したから時間かかったな。

で、つい最近、この看板を早稲田まで持って行きました。

 

f:id:tabitami:20170522092726j:plain

仕上げはパートナーに手伝ってもらってます。

空とか太陽とか虹みたいなところなどなど。

 

もしも良かったら早稲田のおむすび茶屋に行っておむすび食べて

休んでください。俺の描いた看板も置いてあるよ。

風にふかれて看板が倒れていたら起こしてあげてください。

では、また。

 

 

看板を描く

おむすび茶屋というお店に飾る看板を、ということで

いろいろ描いてみたのです。しかし「日本昔話」という

依頼者のことばにとらわれすぎたかな?

とにかく描いてみないとわからないもので、

迷いつつ、もう少し自由に描いてみた。

それが下のラフです。

f:id:tabitami:20170326170902j:plain

うん、これかな。よし、依頼者に見せてみよう。

結果、それでOK!

ここからが、大変だったよ。

なんせラフはA4ほどなのを約30倍で描くわけだから。

つづく。

早稲田おむすび茶屋!

しばらくでした。

俺の最近の仕事は看板だよ。

おむすびのお店に置きます。

このお店の特徴は無農薬のお米を使って

いるところ。

ほかにも砂糖を使わないデザートなど。

体と環境の明るい未来を考えている。

「日本昔話のようなイメージを」という

注文にいろいろ考えた。

 

f:id:tabitami:20170604134525j:plain

f:id:tabitami:20170604134628j:plain

f:id:tabitami:20170604134715j:plain

 

 

 

住吉を歩く

スカイツリーがよく見える地域。

俺は首が痛くなり整体の先生を訪ねた。

春先は頭に氣があがりやすいのです。

といってもよくわからんが、まあ、

体は季節とともに変化しているということ。

トタン板を使った建築物件を見て、

我が身を通過した年月を思う。

 

f:id:tabitami:20170404111118j:plain

天ぷらのうた

雨の中、上野バンブーガーデン。

お昼に天ぷら重を食べた。

家で作るとなると油ものは面倒でね。

だから外ではりきった俺。

おいしかったんだ、8割くらいまで。

で、8割過ぎたあたりで胃がもたれた。

俺の体内の問題なのだ。

天ぷらに罪はなし。大根おろし所望。

f:id:tabitami:20170326151344j:plain

 

CAFE RICCOのスープセット

俺はふだんスープは飲まない。

クリーム系のスープが苦手なんだ。

牛乳がだめなんですわ。

しかしミネストローネはいいですよ。

ゆっくりスケッチして、

もう冷めてしまったかな?と思ったが

予測を裏切って熱くおいしいスープでした。

なんで冷めないのか不思議だ。

 

f:id:tabitami:20170322202808j:plain