こどもだった時

今、こどもが少ないという。

俺の小学生時代はこどもがあふれていた。

そしてバブル前の親たちは忙しかった。

こどもだった俺はマンガを描いていた。

ヘタクソで中途半端なマンガだ。

それでもせっせと描いた。

うちの家事を手伝っていた叔母が

バラバラのマンガを製本してくれた。

だから今でもここにある。

忙しい時間の中で一枚一枚マンガを

とじてまとめ、背表紙にタイトル文字まで

切り貼りしてある。

言葉では伝わらない何かを受けとめた。

それは大きな肯定感ともいえるものだ。

 

f:id:tabitami:20170715155635j:plain