失敗の記憶

皆さんは自費で何か文章を本にしたことがありますか?

僕は自分で漫画を描いて、自費出版をした経験があります。

小さな簡単な本で200冊で10万円ほどかかりました。

 

そこでとんでもない失敗をしてしまいました。

ページ構成を自分でノンブルを書いて原稿を作ったのですが、

順番を間違ったのです。

つまり、主人公がワッと驚くコマの後に次のページで驚きの理由が表現されるページのはずが、いきなり時間がとんだ別のページに続いてしまったのです。

f:id:tabitami:20191123200550j:plain

静かな不条理マンガ

 

これを普通に読んでいくと、シュールな展開の漫画なんだと誤解されてしまう可能性が大きい。というか、わけがわからないでしょう。なんか森田芳光の「家族ゲーム」みたいな感じで。

自分一人で作っているので、だれかに校正されることもなく印刷してしまいました。

 

家に印刷された本が送られてきて、そのことに気がついたときは愕然としました。誰の責任でもなく自分の失敗で、深いため息を着くしかありませんでした。

ハイ、鐘の音お願いいたします。

f:id:tabitami:20190605213909j:plain

坊さん鐘をつく

f:id:tabitami:20190605214036j:plain

深い反省を促す鐘の音

 

何かを始めるときは一人でも、協力者がいるとずっと確かなものが作れるのではないでしょうか?