タビタミたち

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

何かと変化の激しい日々でございます。

 

何も変わらないという人。

あるいは希望が持てない不安だという人。

何も考えたくないという人。

夢の中で生きる人。

 

いろいろだと思います。

生きるということが長い旅と考えると、

いまはどのあたりなのか?

迷いながら歩き続けるタビタミでございます。

ほんの少し、顔を上げて

遠くの景色を見てホッとするのも

長い旅には忘れてならぬ一瞬

ではないでしょうか?

 

f:id:tabitami:20200429205906j:plain

people2020

 

 

 

長いお祈り

時間が経過すると、すべてが明らかになると思う。

しかし、今は『暗闇の中、冒険は続いて』いるわけです。

 

マスクが買えなかったり、美術館や図書館が閉館し、

花粉症で鼻水が止まらないような日々。

疑いや疑問の渦巻きがグルグル回ってます。

あんまりな状況。

でも、僕はなるべく明るく過ごしたい。

みなさん、楽しんでいますか?

 

近所のパン屋のフランスパン。

長い袋に入ってた。

そこに二人で絵を描いた。

きっと長いトンネルを抜ける日が来るのです。

ホウホウとふくろうも鳴いています。

 

f:id:tabitami:20200308180157j:plain

ツリーハウス

f:id:tabitami:20200308180242j:plain

天使さん

f:id:tabitami:20200308180324j:plain

おさる、クマ

f:id:tabitami:20200308180410j:plain

旅人と犬

 

別の世界から送信

さあ、2020年が始まっているわけです。

どうも天気がどんよりしていると、パッとしない。

まあ、晴れていたって何かしら文句をつけている。

 

レイモンド・ブリッグズのマンガ絵本に出てくるサンタクロースみたいに、

「やれやれ、まったくたまらんわい」とか言いながら毎朝出かけて行く。

変わり映えのない日常でございます。

 

年賀状は20枚ほど書いたら疲れてしまいました。

やはり、手描きで全てに違う絵を描くということはなかなか大変。

でもね、小学生の頃は手書きで絵を入れて送ってましたよ。

頼まれもしないのにクラスメートの顔をどんどん描いて止まらなくなってしまったり、干支とは関係ないブルース・リーを描いたりなんてね。

印刷なんて手段はなかったのでございます。

プリントゴッコのような装置もパソコンもスマホもなかったのだ。

 

時代はスルスル流れていきます。

ということでね、ゆっくり自分なりの活動をしています。

今は、葉っぱの絵を描くと落ち着く。

どこからかバッハのゴルドベルグ変奏曲が聞こえてくる。

 

最近、検査で聞こえていない音があることが判明した。

なんだろうな?

逆に別の世界の音をキャッチするようになってしまったようだ。

f:id:tabitami:20200126170444j:plain

ゴルドベルグ変奏曲

 

失敗の記憶

皆さんは自費で何か文章を本にしたことがありますか?

僕は自分で漫画を描いて、自費出版をした経験があります。

小さな簡単な本で200冊で10万円ほどかかりました。

 

そこでとんでもない失敗をしてしまいました。

ページ構成を自分でノンブルを書いて原稿を作ったのですが、

順番を間違ったのです。

つまり、主人公がワッと驚くコマの後に次のページで驚きの理由が表現されるページのはずが、いきなり時間がとんだ別のページに続いてしまったのです。

f:id:tabitami:20191123200550j:plain

静かな不条理マンガ

 

これを普通に読んでいくと、シュールな展開の漫画なんだと誤解されてしまう可能性が大きい。というか、わけがわからないでしょう。なんか森田芳光の「家族ゲーム」みたいな感じで。

自分一人で作っているので、だれかに校正されることもなく印刷してしまいました。

 

家に印刷された本が送られてきて、そのことに気がついたときは愕然としました。誰の責任でもなく自分の失敗で、深いため息を着くしかありませんでした。

ハイ、鐘の音お願いいたします。

f:id:tabitami:20190605213909j:plain

坊さん鐘をつく

f:id:tabitami:20190605214036j:plain

深い反省を促す鐘の音

 

何かを始めるときは一人でも、協力者がいるとずっと確かなものが作れるのではないでしょうか?

挑戦してます

みなさん、こんにちは。

やってますか?

まあ、いきなりやってますか?って

困ってしまうでしょうが。

 

嫌だなと感じることでも、それを乗り越えていかなければならない。

いや、別に越えなくてもいい、嫌だなと感じなければいい。

スルリと問題を通り抜ければ不満はない。

ただね、親しい人の死とか、自分のままならない状況とか、

どうにも苦しみや不安が消えないことがある。

だから挑戦するんだよ。結果はどうあれ、もがくこと。

何か手にするものがあると思うんだよね。

まったく笑ってしまうほどの姿だけど。

 

f:id:tabitami:20191110123654j:plain

ブルブルねこ

 

いただきます

たまに筆を使って絵を描く。

これが思うようにいかない。

均一な線を引くにはかなりの訓練が必要ですね。

まあ、私はできるなりのことをやってみるだけ。


筆をべたっと寝かせて押し付けたら目になったから鼻をつけて顔にしてみたって感じの描き方で。

誰だこれ?こんな人いるかな?


これがどうやら昔つきあっていた人に似ているらしい。

無意識って怖いです。


f:id:tabitami:20191102203343j:plain

和田誠さん

イラストレーターといったらこの人。

アドビのイラレのことではない。

イラストレーションを描く人。

日本のイラストレーションの歴史を作った人と言っても良いでしょう。

 

ベン・シャーンソール・スタインバーグに影響を受けながら、和田誠にしかできない

イラストレーションを作って長く活躍した。

あの文字、あの絵、あのアイディア、

ポスター、チラシ、ロゴ、アニメ、地図、作曲、そして映画まで。

全てが輝いている。

 

ご本人にサインをもらったことは一度だけ。

静かな人だった。

映画の試写会で、みんなエレベーターを使うのに一人だけ階段を使っていたのを見かけたことがある。銀座のビルの5階が会場だったと思う。

それから表参道の裏道を歩いている姿を見かけたことも。

清水ミチコさんのライヴで渋谷ジャンジャンに、ご夫妻で来ていた姿もおぼえている。

とても素敵な人でした。

 

f:id:tabitami:20191019105254j:plain

こぼれていく時間