「ゆびぬき小路の秘密」を読んで

時間旅行の物語が好きです。

で、小風さちさんの「ゆびぬき小路の秘密」です。

舞台はイギリスのサウスウッドという町。

仕立て屋のおばあさんが作るコートが、着心地が良いのです。

袖を通すと腕を吸い込むようにするりと着れてしまう。

着た時に何かやわらかいものに、ふわりと包まれたような感じに

なるというのです。

ほかにも、石畳を歩くときの足の裏の感じが描写されているのですが、

体の感触が読んでいて伝わってくるのが良いなと思いました。

そして、仕立て屋のおばあさんが、

「大切なものほど、手放さなければならないんだよ、バートラム」

と、着心地の良い服を仕立てる秘密を教えてくれます。

そこに時代を超える真実が書かれているように感じました。

絵は小野かおるさん。

白黒の線画ですが、状況の説明だけではなく、読者の参加を求める

絵です。人物たちの目がボタンのようで、瞳が描かれていません。

表情を細かく描かないことで、物語の挿し絵としてのバランスが良い

のだと思います。この絵を助けとして読者は自由に想像することができます。

 

下の私の絵は、靴が面白くて描きました。どこのメーカーか知りませんが、

編み込んであるヒモが黄色だった。

 

f:id:tabitami:20180426130005j:plain