ニジンスキー

東京都美術館でのコートールド美術館展。

魅惑の印象派

確かに名作がそろっていて面白い。

で、びっくりしたのがロダンの彫像があったこと。

 

ルノワールの彫像も珍しいものでしたが、ロダンの彫像は

小さいもので、握りこぶしほど。

バレエの好きな人だったら反応があるでしょう。

それは、ニジンスキーです。

ロダンが作ったのは牧神の午後のニジンスキー

ニジンスキーは伝説の舞踊家で映像は残ってないらしい。

映画になったり、漫画になったりの神がった人物。

本当のところ彼の踊りはどうだったんだろう?

バラの精でそんなに高く跳んだのか?

春の祭典初演の客席の大騒ぎ、ほんとうに殴り合いになったのか?

ペトルーシュカの彼の首は人形のように傾いていたのか?

チャップリンニジンスキーの映像を残さなかったのか?

僕はもう中学生の頃からその魅力のとりこだった。

 

ロダンニジンスキーは片足で立っていて、顔などはっきりしない。

もう片方の脚を抱えるようにしていて、空気を震わせるように頭部が

グニャリと溶けたように見える。

ロダンニジンスキーの獣のような動きを捕まえたのかもしれない。

というわけで必見のニジンスキーなのです。

f:id:tabitami:20190925094649j:plain

ロダンニジンスキー