別の世界から送信

さあ、2020年が始まっているわけです。

どうも天気がどんよりしていると、パッとしない。

まあ、晴れていたって何かしら文句をつけている。

 

レイモンド・ブリッグズのマンガ絵本に出てくるサンタクロースみたいに、

「やれやれ、まったくたまらんわい」とか言いながら毎朝出かけて行く。

変わり映えのない日常でございます。

 

年賀状は20枚ほど書いたら疲れてしまいました。

やはり、手描きで全てに違う絵を描くということはなかなか大変。

でもね、小学生の頃は手書きで絵を入れて送ってましたよ。

頼まれもしないのにクラスメートの顔をどんどん描いて止まらなくなってしまったり、干支とは関係ないブルース・リーを描いたりなんてね。

印刷なんて手段はなかったのでございます。

プリントゴッコのような装置もパソコンもスマホもなかったのだ。

 

時代はスルスル流れていきます。

ということでね、ゆっくり自分なりの活動をしています。

今は、葉っぱの絵を描くと落ち着く。

どこからかバッハのゴルドベルグ変奏曲が聞こえてくる。

 

最近、検査で聞こえていない音があることが判明した。

なんだろうな?

逆に別の世界の音をキャッチするようになってしまったようだ。

f:id:tabitami:20200126170444j:plain

ゴルドベルグ変奏曲